STAFF INTERVIEW
スタッフインタビュー
吉川 秀典

どこまでも安全な運行を追い求めて。考えられる限りの策を講じ、車を走らせています。

吉川 秀典
HIDENORI YOSHIKAWA
機動グループ 機動チーム
運転員/2018年入社
インタビュー

4トン車から大型車、構内から公道へ。スキルアップの真っ最中です。

前職では4トンダンプに乗務し、産業廃棄物の構内運搬作業にあたっていました。当社には、2人の子どもの成長が契機となって中途入社したばかりです。上場企業の子会社という堅実性は、家庭を持つ身にはやはり魅力的に映りました。とはいえ、大型車を運転するのは教習以来。そして何より、公道に出る機会のない前職との最大の違いは、一般車両や歩行者に混じって走ることでした。慣れない私の救いになったのは、徹底した安全教育。先輩による添乗研修で、車両感覚などの不安を一つひとつ解消できたのは、とても心強かったです。
インタビュー

プラントの操業に不可欠な輸送手段。責任感を胸に、その一翼を担っています。

ひとり立ちを果たしてからは先輩と同様、製油の各工程で生じた汚泥や煤塵などを、県内や広島県東部に立地する産廃処理業者のもとに運んでいます。廃棄物の内容によって、ダンプカーとウイング車を使い分けており、ドラム缶の運搬に使用するウイング車については、現在も添乗研修を受けているところ。公道での運転経験が少ないことへの配慮から、片道1時間圏内の仕事を割り振ってもらえるのは、業務になじむうえでもありがたいですね。ここ最近は、取引先の方との関係も深まりつつあり、少しずつ仕事の楽しみが広がっています。
インタビュー

安全に安全を重ねる意識が、きっと自らの進歩をうながしてくれる。

以前から、安全運行に高い意識を向けている自負はありましたが、当社でその思いがますます強くなりました。「規定の安全速度を1キロでも超えれば指導が入る」と聞けば、厳しい環境に感じられるかもしれませんが、それも一般の方やドライバーを思ってのこと。急かされることがないぶん、むしろ左折時の巻き込みや車両後方など、確認すべきポイントをきちんと押さえられます。たとえ歩行者信号が赤だったとしても、絶対に人が飛び出してこない保証はありません。今後も決して油断はせず、運転技術と安全性の向上を両立させたいです。
インタビュー

ドライバーが腰を落ち着けられる条件が揃った会社で、これからも。

入社から日は浅いですが、すでに待遇面には満足しており、自身の意欲や業績が評価に直結することに期待が膨らんでいます。経験年数にかかわらず、モチベーションを高く保って働ける会社だと感じますね。また、業務のほとんどが近郊輸送であること、ドライバーによる積み込み作業が発生しないことも、当社の特色。身体的な負担が少なく済むだけでなく、私の場合なら家族との時間の確保にもプラスに働いています。長くハンドルを握ることを考えるうえでも、ドライバーとしてのキャリアを積むうえでも、安心の職場だと思います。
インタビュー:2019年9月
吉川 秀典
吉川 秀典
機動グループ 機動チーム
運転員/2018年入社
20代前半から約10年間、デニム加工の仕事に携わるも、心機一転、大型免許を取得。ドライバーに転身した。安全運行にかける情熱は人一倍強く、幼い2人の娘にも交通ルールを教え込むほど。いずれ後輩を教える立場になることを見越し、さらなる技術向上に励んでいる。

8:00〜17:00月~金 (祝祭日を除く)

086-455-9611

CONTACT US